インドネシア経済の成長とIPOマスターについて

IPO株式投資は、とても人気があり、日本ではIPO株式投資に関するサイトが数多く存在します。
IPOマスターと呼ばれる人が、丁寧に解説をしてくれるので、わかりやすいと評判です。IPO株式投資は、国内企業に限りません。
海外の主要株式市場に上場している外国の企業を狙っている人も少なくありません。最近は、若い人でもIPOに興味を持つ人が増えています。

IPOというのは、新規公開株のことで、アメリカで進化し発展してきた制度で、一般の投資家に対して、未上場の企業が株式を公開応募することで、新しい資金を調達して信用を得る方法です。
未上場の企業の場合、ベンチャーキャピタルや投資銀行が、リスクを承知で出資して、上場後に売却益を得ることが多いです。上場の数週か前に入手できる新規公開株は、リスクが低くて高いリターンを得られる可能性があります。

口座開設香港の証券会社では、香港やアメリカ、日本、シンガポール、インドネシアなどの扱いがあります。例外はあるものの、海外へ行かなくても、口座は開設することができます。仲介業者に依頼して、口座を開設する方法もあります。そのような場合、法的な問題も任せることができ、便利です。
香港は口座開設が簡単にでき、英語が得意な人であれば、サイトから申し込みができます。アメリカでは、海外のIPO参加は、厳しく制限されています。

最近、注目を集めている国が、インドネシアです。インドネシアの首都であるジャカルタには、ASEAN本部があり、世界から注目される経済の中心地でもあるのです。インドネシアなど東南アジアの成長は著しいので、世界中の投資家が熱い視線を送っているのです。インドネシア経済と株式投資について勉強しておくと、投資家にとって将来的に役立つことも多いと言われています。