IPOとして東証に承認されるには長い期間が必要

長い時間IPOとして東証に承認されるためには、長い時間が必要となります。上場をするためには一定の条件をクリアしなければなりませんし、更に上場をするのにふさわしい企業であるかどうかということを認められなければなりません。
業績が良くても企業としての透明性などに問題があれば承認されることはなく、上場を認められることはありません。
最近はジャスダックやマザーズ市場といった比較的上場基準のゆるい市場が登場したことによって、比較的株式市場に上場をしやすく資金調達をしやすくなりましたがそれでも短期間で上場することができるものではありません。

上場というのは簡単にできるものではないからこそ、企業としての信用につながるものであり、資金調達をしやすくなるものとなるのです。どれだけ短期間で上場をすることに成功をしたとしても、数年かかるものとなっているので上場をするためには企業としての実績と最低限の信用を勝ち取らなければなりません。
また、上場をすればそれで終わりということではなく、上場をすれば今度は多数の投資家に対しての責任というのが生まれますから、それまでのように好き勝手な経営をすることができるわけではなく、株主の意向に沿った経営をしていかなければならなくなるので自由も失われることになります。

このように上場というのは非常に厳しい道程をへて、長い時間をかけて東証から承認をされることになり更に認められた後も常に企業としての成長を目指していかなければならないものとなっているのです。
上場をするのは非常に困難なものであるだけに、それだけ価値がある物となっているため多くの企業は上場を目指して努力をしていると行っても過言ではありません。